妻の浮気が発覚した後、夫婦がどのような選択を取ったのか調べました。

妻の浮気が発覚、夫婦のとった選択とは

妻の浮気が発覚した後の夫の選択とは

浮気といえば、夫や彼氏、男性がするもの、という認識があるかもしれませんが、女性も浮気をすることがあります。
妻の浮気が原因で夫婦関係が崩壊したというご夫婦は実際に存在します。
そして、妻が浮気をした場合、それを許す夫は少なく、多くの場合、妻が浮気をしれば、離婚を選択します。
なぜ、夫が妻の浮気に対して離婚を選択するのか、これには男性と女性で、浮気に対する認識の違い、個人の考え方の違いといったイロイロな要素があります。
浮気が発覚した後、または、浮気をしているかもしれないと疑い始めたとき、どんな選択をするのか、夫婦がこれらか選ぶ選択肢について調べてみました。

どこからが浮気?

カップルや夫婦に付きものなのが浮気という問題。
浮気がないならなにも問題はありませんが、実際そううまくいくものなのか難しいところですね。
隠れて浮気をしているのか、などと疑っていたらキリがありません。
特に女性は浮気に敏感で、男性の様子や態度を見ただけで気付くといいます。
また、浮気といってもそれぞれによってボーダーラインは様々です。
そこで、女性から見た浮気のボーダーラインについて調べてみました。
1番多いのは、「キスからが浮気」です。
海外だと挨拶で頬にキスをするのは当たり前ですが、それは日本人には馴染みがありません。
それを考えるとキスをするという行為は、日本人にとってどれだけ特別な行為であるのかが分かります。
キスだけでも浮気と見なされるのに納得できますね。
次に多いのが「肉体関係」です。
これは言わずもがな理由が分かります。そのような行為をするのは特別な関係の男女だけという考えがありますし、世間一般や全世界を見てみてもその考え方がほぼ多数です。
そして意外と多いのが「お泊まり」です。
確かに男女2人がお泊まりしたら何かが起こる問題の方が多い気がします。
ついでに男性が浮気だと思うのは肉体関係だそうです。
女性のキスと比べるとかなり直球ですね。
男女でだいぶ浮気への考えが違うようですが、男性も実際彼女が他の男とキスをしている場面を見たらどう思うのか気になります。

浮気の証拠になるものを自宅から見つける

浮気をする人は、そのアリバイ工作に慎重です。そのため配偶者の様子が少しおかしいなと思っても、それが浮気によるものなのかどうか、証拠を掴めないことがあります。しかしもしも気にかかることがあれば、自分で自宅を探ってみましょう。何かしら浮気の証拠が出てくることがあります。
どのような物が浮気の証拠として挙がるかというと、クレジットカードの領収書が一番ですね。またクレジットカードの明細書も証拠になります。
携帯電話の明細書もありますが、最近はペーパーレスなどでWEB明細にしている人も多いかもしれません。WEB明細の場合は、証拠として把握しにくくなるために、配偶者に相談して、家計のためと称して郵送明細にするといいでしょう。これによりクレジットカードや携帯の動きがわかります。
また車の中も証拠が残りやすいところです。車の掃除をすると言って、一度車の中をしっかり探ってみましょう。もしも物品証拠が出てくれば、浮気は確定です。また直接浮気に結びつくような証拠が出てこなくてもあきらめる必要はありません。
例えば、車の中をコロコロクリーナーなどで掃除すると自分の髪の毛とは違うものが見つかるでしょう。そのような証拠を自宅の中から見つけることが可能です。そしてその証拠から分析して、配偶者の浮気を確定することが出来るのです。

浮気をした人を許せないのは悪いことではない

最近は芸能界でも不倫や浮気が話題にのぼりっぱなしですが、その中で気になるのは、浮気をされた奥さんがそれを許すと、「できた奥さんだ」という高評価になることです。もちろんそうとは思わない人もいるでしょうけれど、これは女性軽視の傾向があります。
浮気を許せない私は心が狭いの?と悩んでいる人は、そうではないとあえて強く言いましょう。浮気をした方が悪いのです。
自分に責任があったと思うことが仮にあったとしても、あなたは被害者の立場に変わりありません。それでたとえ離婚をしたとしても、それが間違った判断であったと決して後悔しないようにしましょう。そう思ってしまうかもしれないというのならよく考えてから離婚を決断しなければなりません。
浮気については男性の方がするイメージが強いようですが、「男は浮気をする生き物だ」というのもまた言い訳にすぎません。
女性側が悩むのは筋違いであり、アンフェアが生じています。この考えを受け入れてしまっている女性がいたら、それは要注意です。洗脳とまで言いませんが、女性という自分の立場を自分から落としてしまっています。恋人、夫婦なら、平等の立場でいるように心がけることが大切。浮気を許せないのは悪いことではありません。